アクアリズム

アクアリウム初心者の奮闘紀

アクアリウム

パイロットフィッシュを投入

投稿日:2017年3月21日 更新日:

スポンサーリンク

ここ数日、エアレーションをしながら外部フィルターをまわしていましたが、生体を入れるなどしてバクテリアの養分となるアンモニアを発生させないと、いつまで経っても水槽が立ち上がらないんですね。水草を植えたことに満足して、しばらく放置するところでした。あぶない、あぶない。

あと水槽が届いてから、子供が毎日「いつ金魚買ってくるん?」と聞いてくるので、毎回「金魚とちゃうで熱帯魚やで」と答えるのが段々億劫になってきたのもあって(笑)、パイロットフィッシュとなる初めての生体を買ってきました。

買ったのはカージナルテトラです。カージナルテトラは元々飼いたかった魚の一つだったので、パイロットフィッシュにも向いているとのことでちょうど良かったです。

水あわせをして、早速水槽の中に投入します。暴れ回るわけでもなく、素人目には特に問題なさそうです。

水草はなかなか思い通りに行かなかったので、よかったよかったと思いながら、ブログ用の写真を撮っていると、ここで別の問題が出てきました。

それは、「水槽内の魚の写真撮影が意外に難しい」ということです。

レンズを変えて数十枚撮影しましたが、ご覧のようにすべてピンボケをしていました。。。

一時期、カメラにもはまっていたことがあって、写真には少し自信があっただけにこれはショック!

「水槽や魚のキレイな写真や動画を撮る」というのもアクアリウムの目標の一つなので、こっち方面もこれから頑張って勉強していきます!

スポンサーリンク

-アクアリウム

執筆者:


  1. 燈真 より:

    こんばんわ!
    立ち上げお疲れ様でした、お魚入ると眺めるのがもっと楽しくなりますね(*´ω`*)

    素早く動く上に被写体が小さいので難しいですよね(._.)
    私も一眼所持してますが、レンズの焦点距離が遠くて写真はもっぱらスマホ撮影ですw

    • はっさく より:

      どーもです!

      そうですね、魚がいると見ていて飽きないです!

      魚の写真は難しいですね。。。
      一眼で魚をアップにして背景をぼかせば、それなりにかっこいい写真が
      撮れると思っていましたが、ピンボケばかりで全然ダメダメでした。

      う~ん、練習用にもっと動きの遅い魚を入れましょかねw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 名前:はっさく
  • 性別:男性
  • 居住地:大阪
  • 自己紹介: 2017年、突如アクアリウムに興味を持ち、勢いで始めることにしました。初心者でわからないことだらけですが、日々勉強しながら奮闘中です!